肺炎予防と初期症状~高齢者は誤嚥にも要注意~チョイスより

肺炎について詳しく知っていますか? 咳が出たり熱が出たりするイメージのある病気ですが、詳しいことはあまり知られていないかもしれません。 肺炎は日本人の死亡原因第3位となっており、年間約12万人が命を落としている怖い病気です。 今回は、肺炎の基礎知識や予防法などを紹介していた『チョ ‥‥

血糖値スパイクの原因と対策・チェックリストや血糖値測定器の使い方etc~羽鳥慎一モーニングショーより

食後に血糖値が急上昇し、突然死の原因にもなる「血糖値スパイク」が、日本人に急増しているそうです。 先日の『羽鳥慎一モーニングショー』では、血糖値スパイクの特集をしていました。血糖値スパイクについて30年以上研究をしている小田原雅人先生(東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 ‥‥

睡眠負債と快眠術~4.5時間睡眠・寝ない子供の寝かしつけ方など~あさイチより

毎朝「まだ寝ていたい…」と思っていませんか? そんな方は、“睡眠負債”がたまっているかもしれません。 睡眠負債がある状態というのは、睡眠不足が重なって身体が悲鳴を上げている状態です。 最新の調査によると、睡眠時間が6時間以下という人が全体の4割にものぼるといいます。 あさイチ『睡 ‥‥

牛乳・ヨーグルトは尿酸値を下げる~カゼインで痛風予防対策~ガッテン!より

あなたは「尿酸値」を気にしていますか? 健康診断などで“高め”と診断された人は、食事の際にいちいち気にしてしまう数値かもしれません。この数値が高くなると「風が吹くだけで痛い」と言われるほどの激痛を伴う痛風を発症することがあります。 水をたくさん飲んだり食べたいものを我慢したりして ‥‥

アンガーマネジメント~イライラを抑える方法~健康カプセル!ゲンキの時間より

先日の『健康カプセル!ゲンキの時間』では、アンガ―マネージメントについて特集していました。「怒り」は人間関係を悪化させるばかりか、心筋梗塞のリスクを格段に高めるとのこと。怒りをコントロールする「アンガーマネージメント」を学び、怒りと上手につきあっていく方法について伝えていました。 ‥‥

耳石でアンチエイジング~老化予防とダイエット~ガッテン!より

いつまでも若々しくいたいというのは、いにしえの時代から続く人類共通の願いです。たとえば秦の始皇帝は不老不死の薬を探し求めていましたし、古代ギリシャでは若返りの泉が信じられていたりしました。 そして現在、人類は老化に関するひとつの答えにたどり着いたといいます。 人類の老化防止プログ ‥‥

一週間歯磨きしないとどうなる?口内フローラの整え方と緑茶の効果~ガッテン!より

私たちの口の中には、たくさんの細菌が棲んでいます。 ガッテン!より これらの菌が口にいてくれるおかげで、かぜやインフルエンザなどの感染症から身体が守られています。 ロンドン医科大学のスティーブ・グシュメッツナー氏は、走査電子顕微鏡を用いて口内細菌を撮影しており、これらに色を付けて ‥‥

ぽっこりお腹の原因と改善法~しょうがココアでウエスト-10cm~その原因、Xにあり!より

20代~50代の女性の7割以上が悩む「ぽっこりお腹」。 先日の『その原因、Xにあり!』では、ぽっこりお腹の原因の「むくみ腸」について特集をしていました。 腸の専門家である小林先生(順天堂大学医学部付属順天堂医院教授)がむくみ腸とぽっこりお腹の関係について解説していました。また、番 ‥‥

肩こりの原因と改善法~足の浮き指~その原因、Xにあり!より

肩がだるかったり、重く感じたりする肩こり。日本人の3人に2人が、肩こりに悩んでいるそうです。 先日の『その原因、Xにあり!』では、浮き指と肩こりの関係について特集していました。浮き指を治すことで肩こりを改善させる方法などを、足の健康科学が専門の阿久根英昭先生(桜美林大学 健康科学 ‥‥

血糖値のコントロール術~糖尿病対策とすい臓再生医療~健康カプセル!ゲンキの時間より

11月14日は「世界糖尿病デー」なんだそうです。 いまや世界の糖尿病人口は4.2億人以上と言われており、日本でも5人に1人が糖尿病もしくは糖尿病予備群になっているそうです。 血糖値が高い状態が続くと全身の血管がボロボロになり、様々な合併症を引き起こすことがあるのですが、血糖値がわ ‥‥