甲状腺ホルモンと病気~バセドウ病や甲状腺機能低下症~チョイス@病気になったときより

現在、日本ではおよそ500万人が、甲状腺になんらかの問題を抱えていると言われています。 甲状腺に異常が生じると、息切れや動悸、手の震えなど身体のさまざまな部位にさまざまな症状が出るため、甲状腺が原因だとは気づきにくいという特徴があります。 そこで今回は、甲状腺の病気を見つける方法 ‥‥

うつ病の治療~認知行動療法~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、うつ病の治療法の1つである認知行動療法がテーマでした。 番組では、うつ病の人の偏った物事の捉え方とその偏った捉え方をどのように認知行動療法で修正するのかについて、うつ病の治療と診断が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医)が解説をしていました。 ‥‥

うつ病と薬~抗うつ薬の要・不要~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、抗うつ薬を使ったうつ病の薬物治療がテーマでした。抗うつ薬の使用方法や副作用、副作用の対処方法について、うつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医)が説明していました。 うつ病の段階と治療法 うつ病は日常生活への影響の大きさによって ‥‥

熱中症対策~水分補給・エアコン管理~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、熱中症の原因、症状と対策でした。夏の暑い日には、室内にいれば熱中症を予防できると思っている人は多いと思います。けれども、2015年の熱中症の発症場所の第1位は室内で、寝ている間に発症した例もあったそうです。番組では、熱中症の症状、高齢者が特に熱中 ‥‥

聞こえが悪い難聴・耳鳴り改善~健康カプセル!ゲンキの時間より

年齢を重ねると、聞き間違えや耳鳴りなど、聴力にまつわる衰えや異常を感じることが増えてきます。 「歳だから耳が遠くなるのも仕方ない…」と諦めてしまう方も多いようですが、ちょっとした工夫をするだけで聴力を維持できたり、耳鳴りを抑えたりすることが出来るといいます。 そこで今回は、聴力ア ‥‥

うつ病と脳梗塞や認知症の違い~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、うつ病に似た症状のある病気でした。うつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医師)が双極性障害、認知症や脳梗塞などのうつ病に似た症状のある病気について、それらの病気の症状やうつ病と見分ける方法などについて説明をしていました。 ‥‥

うつ病の初期症状~不眠・頭痛~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは「うつ病のサインに気づく」でした。精神神経科の医師でうつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師)がうつ病の原因や症状(こころとからだ)と周りの人がうつ病に気づくために気にかけるべきうつ病患者の変化などについて説明をしていました。 うつ病の ‥‥

肩こりの原因~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、肩の構造と肩こりの原因をテーマにしていました。肩こりのタイプは日常生活が原因のもの、肩関節や神経が原因のもの、その他(目や内臓)が原因のものに分けられます。番組では、整形外科医の池上博康先生(東邦大学医学部教授で肩、ひじ、手の病気の診断と治療が専門)が自 ‥‥

肩こりの予防と治療~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は肩こりの予防と治療がテーマでした。肩こりは、日常生活が原因のいわゆる肩こり、五十肩や腱板断裂のように肩関節が原因のもの、神経麻痺のように神経が原因のものなどがあります。番組では、肩、ひじ、手の病気の診断と治療が専門の池上博康先生(東邦大学医学部教授・整形外 ‥‥

五十肩と腱板断裂の肩こり~症状と治療~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、肩関節が原因の「五十肩」と「腱板断裂」について紹介していました。どちらの病気も腕が上がらなくなったり肩や腕に激痛を感じたりする症状が似ていますが仕組みや治療法には違いがあるとのことです。東邦大学医学部教授の池上博康先生が2つの病気の症状、原因、仕組み、 ‥‥