ガーデニング療法(園芸療法)~認知症予防&ダイエット~主治医が見つかる診療所より

先日の『主治医が見つかる診療所』は「ガーデニング健康法」をテーマにしていました。ガーデニングが脳の病気や生活習慣病の予防や改善につながることが医学的にも認められているそうです。また、ガーデニングをすると知らず知らずのうちに運動量が増えることから、ダイエット効果もあるとのことです。 ‥‥

性格の変化など認知症の予兆について~健康カプセル!ゲンキの時間より

歳を重ねるとともに気になってくる「認知症」。先日の『健康カプセル!ゲンキの時間』では、認知症を見極めるポイントを紹介していました。自分や家族に認知症のサインが出ているかを知るために役立つ内容だったのでまとめておきます。 認知症のサインを見極めるポイント(記憶) 認知症といえば「物 ‥‥

血糖値スパイク対策~健康診断ではわからない高血糖~NHKスペシャルより

血糖値を気にしたことはありますか? 健康診断で血糖値に異常のなかった人は、あまり気にすることはないと思います。 けれども、検査で血糖値が正常だった人も、血糖値に気をつけなくてはいけないことが最新の研究でわかってきています。 先日の『NHKスペシャル』は「血糖値スパイク(食後高血糖 ‥‥

瞑想~呼吸法でストレス&認知症予防~ガッテン!より

いま、「瞑想」に注目が集まっています。 脳に秘められた力を引き出したり、ストレスや不安を取り除いたりすることができるといい、日本を代表するIT企業などでも取り入れられているそうです。 瞑想は4000年前のインダス文明で既に行われていた「人類最古の健康法」とも言われていて、現代の医 ‥‥

認知症を予防するワクチン薬開発

厚労省が2012年に発表したデータによると、日本の認知症患者は462万人、2025年には65歳以上の実に5人に1人が認知症になるという予測が出されています。また、世界に目を向けると、毎年新たに990万人もの人が認知症になっていると国際アルツハイマー病協会が発表しています。 日本と ‥‥

認知症が奇跡的に回復した方法~たけしのみんなの家庭の医学より

先日の『たけしのみんなの家庭の医学』では、ある女性が治療方法の確立されていない重度の認知症から奇跡的に回復した方法を紹介していました。また、レビー小体型認知症の仕組みや認知症の予防に社交ダンス、ボードゲーム、楽器の演奏が効果的な理由なども説明していました。 認知症の患者数と種類 ‥‥

認知症と睡眠~深部体温低下法でもの忘れ予防~たけしのみんなの家庭の医学より

年齢を重ねると、どうしても頻発してしまう「もの忘れ」。 「顔は出てくるんだけど名前が出てこない…」「あれ、何を取りに来たんだっけ…」ということが最近増えた、という方も多いかもしれません。 脳が老化し、記憶力が低下してゆく状態をそのままにしておくと、認知症の発症リスクを高めてしまい ‥‥

レビー小体型認知症~幻視・幻覚~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、レビー小体型認知症でした。日本国内の約500万人の認知症患者の10%、推定50万人の患者がいるレビー小体型認知症の仕組み、症状、治療法などについて、認知症の診断と治療が専門の神経内科医の長濱康弘先生(かわさき記念病院副院長)が解説していました。 ‥‥

段取りが悪い、物忘れ、動き緩慢、情緒不安定は血管性認知症かも~きょうの健康より

認知症と聞くとアルツハイマー病を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は認知症にはいくつかの種類があるそうです。先日の「きょうの健康」では、アルツハイマー病の次に患者数の多い血管性認知症について認知症の診断と治療が専門の岡山大学大学院教授の阿部康二先生(神経内科医)が分かりやすく説 ‥‥

認知症が予防できる歩き方とMCI〜NHKスペシャル認知症革明より

超高齢化社会の中で、いよいよ存在感を増している「認知症」。 患者数は世界中で増加傾向にあり、2050年には1000万人を超えると推計されています。 NHKスペシャルより このような中で研究も徐々に進んできており、 認知症の“前兆”を察知 発症を抑える薬を開発 といった成果が出てき ‥‥