血管伸ばしで冷え性改善~ガッテン!より

多くの女性が、つらい冷え性に悩まされています。 女性の半数以上が手先や足先の冷えに悩んでいるといい、なかには「夏でも冷え性に悩む」という人もいるそうです。 近年の研究によると、冷え性の女性は血管の「血管年齢」が実年齢よりも老けていることが多く、なかには10歳以上老化していることも ‥‥

冬の血圧急上昇対策&10分で血圧を下げる方法~健康カプセルゲンキの時間より

血圧が高めの人にとって、冬は危険なシーズンです。 気温が下がると血圧が上がるので、冬から春にかけての時期は脳卒中や心筋梗塞の発生件数が急増します。 健康カプセル!ゲンキの時間より 自覚症状がないからと油断していると日々血圧の急上昇を繰り返してしまい、知らないうちに血管がボロボ ‥‥

高血圧を改善する生活習慣~減塩・運動・睡眠など~きょうの健康より

放置すると心筋梗塞や脳卒中の原因となる高血圧。自覚症状がないことから「サイレントキラー」と呼ばれています。高血圧は、生活習慣病です。ということは生活習慣を改善すれば、血圧が上がるのを防げるということです。 先日の『きょうの健康』は、血圧を抑える生活習慣をテーマにしていたのでまとめ ‥‥

早朝の高血圧と心筋梗塞、脳卒中~きょうの健康より

高血圧は、「サイレントキラー(静かなる殺人者)」という別名を持っています。 自覚症状がないにも関わらず、放置しておくと命を脅かすような病気を引き起こすこともある、危険な状態なのです。 特に、早朝に血圧が急上昇する状態は大変危険だそうです。 今回は、そんな早朝の高血圧について解説し ‥‥

米油・えごま油・マカダミアナッツオイルの効果と使い方~世界一受けたい授業より

いま、「油」が注目を集めています。 専門の本が続々と出版され、あるスーパーでは油の売上が3年前に比べて1.8倍にもなっているそうです。 油をとることは「太ってしまう」というイメージが持たれがちですが、じつは正しく摂らないと肌がカサカサになったり肝臓機能が低下したりなどの健康障害が ‥‥

運動で血圧を下げる~脳梗塞・心筋梗塞予防~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、「運動の心臓や血管への健康効果」でした。予防医学や公衆衛生学が専門の内藤義彦先生(武庫川女子大学教授、内科医)が、運動で心臓や血管が健康になる仕組みや、心臓や血管の健康を維持するための運動量などについて解説をしていました。 1日1時間以上歩くと脳 ‥‥

オキシトシン~ハグやボディタッチで認知症・高血圧・ストレス改善~ガッテンより

先日の『ガッテン』では、「痛み&認知症に効く!『癒やしホルモン』の驚きパワー」と題し、「オキシトシン」というホルモンについて特集していました。オキシトシンはどうすれば出るのか、医療や日常生活でオキシトシンを活用している事例、そしてより多くのオキシトシンを出すにはどうすればいいのか ‥‥

減塩!塩分摂取基準に対応する方法~ゲンキの時間より

先日の『ゲンキの時間』では、味を落とさずに、そして楽に減塩できる方法について特集していました。厚生労働省が示す1日の塩分摂取基準が2015年4月から変更になり、これまで男性が9グラム未満だったものが8グラム未満に、女性は7.5グラム未満だったものが7グラム未満へと、厳しくなったの ‥‥

高血圧は心不全になりやすい~きょうの健康より

先日の「きょうの健康」では、心不全の仕組みや検査方法、そして心不全と高血圧の関係について紹介していました。番組では、日本医科大学武蔵小杉病院部長の佐藤直樹先生(心臓の病気の治療と診断が専門)が「心不全パンデミック」と専門家たちが呼ぶほど患者数が急増している心不全について、一般の視 ‥‥

発酵食品とコレステロール・血圧~L4YOU!より

先日の「L4YOU」では、発酵食品のこれまで知られていなかった様々な健康効果(コレステロールや血圧を下げる、リラックス、乳がん予防、鉄分の吸収率をアップさせる効果など)が紹介されました。番組では、発酵食品の研究を専門としている東京農業大学准教授の前橋健二先生が、発酵食品の新しい健 ‥‥