突然のひどい眠気や悪夢、金縛り~ナルコレプシー~ハートネットTVより

先日の『ハートネットTV』では、「ナルコレプシー」について取り上げていました。聞き慣れないこの病気ですが、突然自分ではどうすることもできない眠気がおそってくるという、深刻で「困った」病気です。社会的な認知が進んでいないため、患者は病気の悩みに加え、周りから理解されないという悩みに ‥‥

ネット依存とは?兆候から対策まで~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、「ネット依存から子どもを守る」でした。ネット依存の兆候や治療、そして予防法までをわかりやすく伝えていました。ネットが生活の一部となっているこの時代、中高生を持つ親御さんにとっては特に役立つと思われる内容でした。 解説をするのは、精神科医でネット依 ‥‥

視線が怖い~社交不安症~ハートネットTVより

人と接するときに不安になったことは誰にでもあるはず。けれども、その不安が大きくなりすぎた場合は「社交不安症」という病名がつくのです。先日のハートネットTVでは、社交不安症について清水栄司先生(千葉大学大学院医学研究院・認知行動生理学教授)が解説をしていました。 視線が怖いと感じる ‥‥

統合失調症の治療と再発予防法~きょうの健康より

精神疾患の1つで、幻覚や妄想などの症状がある「統合失調症」。きちんと治療を継続することが、患者が安定した生活を送るためには重要だそうです。 先日の『きょうの健康』は、統合失調症の治療がテーマでした。予防精神医学が専門の水野雅文先生(東邦大学教授)が、薬物治療やリハビリテーション( ‥‥

統合失調症の初期症状と対策~きょうの健康より

先日のきょうの健康は統合失調症という精神疾患についてでした。統合失調症とはかつては精神分裂病と呼ばれていた病気です。分裂病などと聞くと日常生活はおくれない重い病と思いがちですが、実際には日常生活を普通に送れている人は多く、夏目漱石やムンク、ゴッホなども統合失調症を患っていたという ‥‥

アンガーマネジメント~イライラを抑える方法~健康カプセル!ゲンキの時間より

先日の『健康カプセル!ゲンキの時間』では、アンガ―マネージメントについて特集していました。「怒り」は人間関係を悪化させるばかりか、心筋梗塞のリスクを格段に高めるとのこと。怒りをコントロールする「アンガーマネージメント」を学び、怒りと上手につきあっていく方法について伝えていました。 ‥‥

うつ病の治療~認知行動療法~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、うつ病の治療法の1つである認知行動療法がテーマでした。 番組では、うつ病の人の偏った物事の捉え方とその偏った捉え方をどのように認知行動療法で修正するのかについて、うつ病の治療と診断が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医)が解説をしていました。 ‥‥

うつ病と薬~抗うつ薬の要・不要~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、抗うつ薬を使ったうつ病の薬物治療がテーマでした。抗うつ薬の使用方法や副作用、副作用の対処方法について、うつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医)が説明していました。 うつ病の段階と治療法 うつ病は日常生活への影響の大きさによって ‥‥

うつ病と脳梗塞や認知症の違い~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、うつ病に似た症状のある病気でした。うつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師、精神神経科医師)が双極性障害、認知症や脳梗塞などのうつ病に似た症状のある病気について、それらの病気の症状やうつ病と見分ける方法などについて説明をしていました。 ‥‥

うつ病の初期症状~不眠・頭痛~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは「うつ病のサインに気づく」でした。精神神経科の医師でうつ病の診断と治療が専門の菊地俊暁先生(杏林大学講師)がうつ病の原因や症状(こころとからだ)と周りの人がうつ病に気づくために気にかけるべきうつ病患者の変化などについて説明をしていました。 うつ病の ‥‥