がん検診の種類やメリット・デメリット~アミノインデックス検査・J-START等~あさイチより

がんは、日本人の2人に1人が発病し、日本人の死因第1位の病気です。近年、がんは早期発見をすれば治るケースが増えきています。けれども、 「(検診を受けるのが)怖い」 「時間がない」 などの理由から、がん検診を受診していない人は多いようです。 先日の『あさイチ』では、がん検診の特集を ‥‥

大腸がん早期発見~初期症状と検査法~主治医が見つかる診療所より

大腸がんは日本人女性の死亡原因第一位となっていることもあってとても怖い病気として有名ですが、早期で発見することができれば高い確率で生存することができる病気でもあります。 大腸がんを見つけるのに最も有効な手段は「大腸内視鏡検査」(いわゆる大腸カメラを用いた検査)で、こちらの記事など ‥‥

血糖値のコントロール術~糖尿病対策とすい臓再生医療~健康カプセル!ゲンキの時間より

11月14日は「世界糖尿病デー」なんだそうです。 いまや世界の糖尿病人口は4.2億人以上と言われており、日本でも5人に1人が糖尿病もしくは糖尿病予備群になっているそうです。 血糖値が高い状態が続くと全身の血管がボロボロになり、様々な合併症を引き起こすことがあるのですが、血糖値がわ ‥‥

内視鏡検査で見分ける大腸がん体質~早期発見&予防法&便秘も治す~ガッテン!より

近年、胃カメラやマンモグラフィなどのがん検査を受ける人が急増しているそうです。 罹患数3位の肺がんや2位の胃がんを抜いて、現在は大腸がんが1位になっていて、毎年5万人が亡くなっていることも背景にあるようです。 大腸がんの検査として有効なものとして「内視鏡検査」がありますが、その検 ‥‥

血糖値スパイク対策~健康診断ではわからない高血糖~NHKスペシャルより

血糖値を気にしたことはありますか? 健康診断で血糖値に異常のなかった人は、あまり気にすることはないと思います。 けれども、検査で血糖値が正常だった人も、血糖値に気をつけなくてはいけないことが最新の研究でわかってきています。 先日の『NHKスペシャル』は「血糖値スパイク(食後高血糖 ‥‥

結腸がん・乳がん・子宮がん~予防のための運動~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、運動で予防できるがんをテーマにしていました。国立がん研究センター・社会と健康研究センター長の津金昌一郎先生が、運動をするとがんのリスクが下がる理由やがん予防につながる運動量などについて解説していました。国立がん研究センター・社会と健康研究センターとは、 ‥‥

胃がんと抗がん剤~1次治療と2次治療~きょうの健康

先日の『きょうの健康』のテーマは「胃がんの抗がん剤治療」でした。消化器内科医の三輪洋人兵庫医科大学主任教授が、胃がんの抗がん剤治療の進歩や最新の治療法について説明をしていました。 胃がんの抗がん剤治療の進歩 三輪先生によると、20年から30年前は抗がん剤治療での生存期間は平均3か ‥‥

ピロリ菌と胃がん~検査と除菌について~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは「ピロリ菌の検査と除菌」についてでした。胃や食道の病気の診断と治療が専門の消化器内科医の三輪洋人先生(兵庫医科大学教授)が、ピロリ菌と胃がんの関係、ピロリ菌の検査と感染していた場合の除菌方法について説明していました。 胃がん患者の95%がピロリ菌感 ‥‥

大腸がん予防の食事~愛媛の事例~健康カプセル!ゲンキの時間より

いま、「がん」の中でもっとも患者数が多い大腸がん。 患者数はここ30年で右肩上がりに増加しています。 健康カプセル!ゲンキの時間より 現代人にはやっかいな存在である大腸がんですが、大腸がん死亡率が日本一低い愛媛県(男性1位、女性2位)の事例を見てみると、大腸がんのリスクを下げるヒ ‥‥

大腸ポリープと大腸がん~チョイス@病気になったときより

40歳以上の日本人の4人に1人が持っていると言われる大腸ポリープ。 ポリープとは、粘膜の一部がイボ状に盛り上がったもののことで、胃や十二指腸、胆嚢、鼻や喉など粘膜のあるところに発生するのですが、大腸ポリープの場合は痛くもかゆくもないため、気づきにくいという特徴があります。 しかも ‥‥