ダニの撃退法~アレルギー改善~世界一受けたい授業より

何だか体がかゆい、風邪でもないのに鼻水がでる、そのようなときはダニが原因かもしれません。どんなにきれいに掃除をしている家でもダニは住んでいます。けれども、正しい対処法を知ることで、ダニを増やさないようにすることはできるのです。 先日の『世界一受けたい授業』では、ダニ専門家の島野智 ‥‥

花粉症、PM2.5、ウイルスを防ぐマスクの正しいつけ方~健康カプセルゲンキの時間より

先日の『健康カプセルゲンキの時間』は、花粉、PM2.5 、ウイルスなどを防ぐ正しいマスクのつけ方など、マスクについての悩みを解消してくれる内容でした。マスクのつけ方が間違っている人が多いようです。ぜひこの機会に、正しいマスクのつけ方を知って、花粉症や風邪を予防やPM2.5 対策を ‥‥

花粉症最新対策と治療法~きょうの健康より

多くの人が悩まされる花粉症。 最も多いのがスギ花粉によるもので、毎年2月あたりから飛散がはじまります。 下図は2017年のスギ花粉飛散予測です。 きょうの健康『花粉症最新対策』より これは去年と比べてどうかという情報で、西日本で多めになると見られているそうです。 今回は、そんな花 ‥‥

朝起きがけや寝ている時の咳~ぜんそく、心不全~ゲンキの時間より

ひどい咳が続いても、「きっとあと何日かしたら止まるだろう」と放っておいている人は多いです。けれども、咳の陰には、死の危険のある怖い病気が隠れていることもあるそうです。先日の『ゲンキの時間』では、「咳」の特集をしていました。心配しなくてもよい咳と危険な咳の見分け方などについて、呼吸 ‥‥

腸内フローラ~善玉菌の増やし方~羽鳥慎一モーニングショーより

先日の「羽鳥慎一モーニングショー」では、今注目を集めている腸内フローラについて特集をしていました。番組では、腸内環境改善のスペシャリストである順天堂大学教授の小林弘幸先生から、体の内側と外側から腸内フローラを整える方法などについての説明がありました。 小林先生の便秘外来は現在5年 ‥‥

子供の食物アレルギー克服事例~経口免疫療法~チョイスより

先日の「チョイス」では、子供の食物アレルギーについての特集をしていました。番組では、国立成育医療研究センター・アレルギー科医長の大矢幸弘先生が食物アレルギーの仕組み、最新の検査法や治療法を紹介していました。 大矢先生は子供のアレルギーの専門家として、子供の3大アレルギー(アトピー ‥‥

スギ花粉症の8割に効果!舌下免疫療法

毎年、春先になるとマスクが必需品で、日によっては目を覆うゴーグルタイプの眼鏡をかける。洗濯物は部屋干し、外出先から帰宅すると衣服をすぐに着替えてパタパタとホコリを払う。 花粉症に悩む方の中にはこうした経験をされている方も少なからずいらっしゃいます。 しかし、ここ数年、こうしたわず ‥‥

アトピー性皮膚炎の正しいスキンケア~きょうの健康より

先日の「きょうの健康」は、「しっかり治そう、アトピー性皮膚炎」というテーマでした。アトピー性皮膚炎の治療の専門家である江藤隆史先生(東京逓信病院副院長)から、 皮膚バリアを強くする正しいスキンケアの方法 について説明がありました。アトピー性皮膚炎の患者さんはもちろんのこと、乾燥肌 ‥‥

咳が治らない時の名医・ベストドクター藤村政樹医師~たけしのみんなの家庭の医学より

先日の「たけしのみんなの家庭の医学」では、ベストドクターに選ばれた、国立病院機構七尾病院院長の藤村正樹医師が20年以上の研究から生み出した長期間にわたる咳の症状を伴う二つ病気の検査方法を紹介しました。また藤村医師の検査によって10年以上続いた咳の症状を抑えることができた患者さんの ‥‥

かゆい!痛い!ヘアカラーの副作用~あさイチより

消費者庁の安全調査委員会は「ヘアカラーがもたらす危なさは相当大きな割合で発生し、進むと相当重篤なところまで進行する可能性がある」と発表しました。 消費者庁の安全調査委員会 消費者安全調査委員会は、消費生活上の生命・身体被害に係る事故の原因を究明するための調査を行い、被害の発生又は ‥‥