40代からの脳梗塞対策~あさイチより

ある日突然襲ってきて、命を奪うこともある「脳梗塞」。 脳の血管が詰まり、その周囲の脳細胞が壊死することで発症する病気です。 寝たきりの原因の第一位でもあるこの病気を予防するには、40代からの過ごし方が重要になるといいます。特に女性は、更年期における体の変化が脳梗塞と大きく関わって ‥‥

睡眠負債と改善策~がんや認知症につながる寝不足~NHKスペシャルより

「睡眠負債」 という言葉を聞いたことがありますか? 睡眠不足が積み重なっていくと日常生活で認知能力が低下するだけでなく、がん細胞を増殖させることや認知症のリスクを高めることもあるということがわかってきたといいます。 今回は、睡眠負債に関する情報や、睡眠負債を返済する方法を解説して ‥‥

物忘れ、頭痛、カゼと間違えやすい脳の病気を早期発見~主治医が見つかる診療所より

先日の『主治医の見つかる診療所』では、「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」と「くも膜下出血の微小漏出」という脳の病気の特集をしていました。どちらの病気も初期症状に気がつきにくいので、放置しているうちに悪化して死にいたることもあるそうです。番組では、これらの病気の仕組み ‥‥

脳梗塞の症状と前兆~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、「脳梗塞 完全理解」と題した特集の一環として、脳梗塞の症状と前兆について伝えていました。脳梗塞が起こるメカニズムや脳梗塞の特徴についてもわかりやすく解説され、ためになる内容でした。 解説をするのは、神経内科医で特に脳卒中の診断、発症直後の治療が専門の、 ‥‥

脳梗塞の検査と予防~動脈硬化と心房細動について~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、「脳梗塞 完全理解」と題した特集の一環として、脳梗塞の検査と予防について伝えていました。2大原因である動脈硬化と心房細動の予防やチェック方法、心房細動の新薬、そしてその他の脳梗塞のリスクについて伝えていました。 解説をするのは、神経内科医で特に脳卒中の ‥‥

血糖値スパイク対策~健康診断ではわからない高血糖~NHKスペシャルより

血糖値を気にしたことはありますか? 健康診断で血糖値に異常のなかった人は、あまり気にすることはないと思います。 けれども、検査で血糖値が正常だった人も、血糖値に気をつけなくてはいけないことが最新の研究でわかってきています。 先日の『NHKスペシャル』は「血糖値スパイク(食後高血糖 ‥‥

運動で血圧を下げる~脳梗塞・心筋梗塞予防~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、「運動の心臓や血管への健康効果」でした。予防医学や公衆衛生学が専門の内藤義彦先生(武庫川女子大学教授、内科医)が、運動で心臓や血管が健康になる仕組みや、心臓や血管の健康を維持するための運動量などについて解説をしていました。 1日1時間以上歩くと脳 ‥‥

口内フローラ改善~歯周病・虫歯から脳卒中予防まで~あさイチより

先日の『あさイチ』では、「口内フローラが歯周病を防ぐ」と題し、口内環境について特集していました。腸内フローラという言葉は最近よく耳にしますが、口内フローラとは、どのようなものなのでしょうか?よい口内フローラを保つための歯磨きの仕方や生活習慣などのセルフケアなどについても伝えていま ‥‥

認知症の前兆と予防法〜『団塊スタイル』より

超高齢社会が進行する現在、認知症の高齢者数は462万人を超えています。 認知症といえば「もの忘れ」をイメージされることが多いですが、「幻視」の症状が現れる認知症もあったりするなど、多様なパターンがあります。 認知症の初期に現れる“サイン”をただの老化現象と見間違わないためにも、知 ‥‥

脳梗塞の前兆TIA(前触れ発作)~主治医が見つかる診療所より

先日の『主治医が見つかる診療所』では、「脳梗塞最新情報SP」と題し、脳梗塞の前兆に関して特集していました。 最近の研究では、脳梗塞になる人の4人に1人に前触れがあったことがわかってきたのだとか。前触れがわかれば脳梗塞の発症を防ぐことができるということで、番組では前触れの代表的なも ‥‥