かくれ熱中症~兆候や対処・対策、高齢者への伝え方~健康カプセル!ゲンキの時間より

猛暑がつづく夏には熱中症の話題が連日のように報道されます。 しかし、これだけ熱中症が周知された今でも、「自分は健康だから大丈夫!」と考えてしまっている方が多いのではないでしょうか? 実は、多くの人がすでに「軽い熱中症」を経験している可能性は大いにあるそうで、その兆候を見逃してしま ‥‥

物忘れ、頭痛、カゼと間違えやすい脳の病気を早期発見~主治医が見つかる診療所より

先日の『主治医の見つかる診療所』では、「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」と「くも膜下出血の微小漏出」という脳の病気の特集をしていました。どちらの病気も初期症状に気がつきにくいので、放置しているうちに悪化して死にいたることもあるそうです。番組では、これらの病気の仕組み ‥‥

感染性胃腸炎~ノロ、カンピロバクター徹底対策~チョイスより

近年爆発的な流行を見せるノロウイルス。 感染すると激しい嘔吐と下痢に襲われ、悪化すると脱水症状を引き起こすこともあります。 ノロウイルスのようにウイルスや細菌が体内に入ることで起こる病気を「感染性胃腸炎」といいます。なかには手足の麻痺や呼吸困難などの合併症を引き起こす病原体もある ‥‥

熱中症対策~水分補給・エアコン管理~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、熱中症の原因、症状と対策でした。夏の暑い日には、室内にいれば熱中症を予防できると思っている人は多いと思います。けれども、2015年の熱中症の発症場所の第1位は室内で、寝ている間に発症した例もあったそうです。番組では、熱中症の症状、高齢者が特に熱中 ‥‥

食中毒対策(バーベキューの食材管理)とカビ対策~ゲンキの時間より

暑い時期に気をつけなければならないことのひとつに、「食中毒」があります。 消費者庁が2000人を対象に行なった調査によれば、「バーベキューで食べたものが原因で体調を悪くしたことがある」と答えた人は6.6%(つまり132人)もいたといいます。 しかし、身近にある食中毒の脅威について ‥‥

熱中症対策~インターバル速歩汗をかける体作り~チョイス@病気になったときより

先日の『チョイス@病気になったとき』のテーマは、「熱中症対策」でした。熱中症で亡くなった人は、ここ20年で26倍にもなっているそうで、大きな問題です。そこで番組では暑さに強い体作りなど、水分補給やエアコンなどに代わる家でできる対策など、熱中症対策の新常識について伝えていました。年 ‥‥

急性膵炎~お酒と胆石が二大原因~きょうの健康より

先日の「きょうの健康」では、近年患者数が増えている急性すい炎の仕組み、原因、治療法などについて、三重大学大学院教授で消化器外科医(膵臓が専門)の伊佐地秀司先生が解説をしていました。また、急性膵炎での入院経験があるゲストの堀ちえみさんの壮絶な闘病の経験からも急性膵炎の恐ろしさを知る ‥‥

新型の脅威!ノロウイルスの予防と対策~ためしてガッテンより

今やその名を知らない人はいないほどの存在となった「ノロウイルス」。 感染力はインフルエンザの1000倍もあり、急激な下痢や嘔吐の症状をもたらす恐ろしいウイルスです。 ノロウイルスの感染者はこの20年で100倍以上に急増しており、アメリカCDC(疾病予防センター)の調べによれば、世 ‥‥