睡眠負債と改善策~がんや認知症につながる寝不足~NHKスペシャルより

「睡眠負債」 という言葉を聞いたことがありますか? 睡眠不足が積み重なっていくと日常生活で認知能力が低下するだけでなく、がん細胞を増殖させることや認知症のリスクを高めることもあるということがわかってきたといいます。 今回は、睡眠負債に関する情報や、睡眠負債を返済する方法を解説して ‥‥

運動で心筋梗塞を予防する~ガッテン!より

心臓の血管がつまると「心筋梗塞」になります。 心筋梗塞になると心臓が酸欠状態になり、心臓の細胞が次々に死んでいきます。最悪の場合は命を落とすことになり、命が助かっても重篤な後遺症が残ることがよくあります。 このような特徴をもつ心筋梗塞ですから、症状が出る前の予防を心がけなければい ‥‥

脳梗塞の症状と前兆~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、「脳梗塞 完全理解」と題した特集の一環として、脳梗塞の症状と前兆について伝えていました。脳梗塞が起こるメカニズムや脳梗塞の特徴についてもわかりやすく解説され、ためになる内容でした。 解説をするのは、神経内科医で特に脳卒中の診断、発症直後の治療が専門の、 ‥‥

脳梗塞の検査と予防~動脈硬化と心房細動について~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、「脳梗塞 完全理解」と題した特集の一環として、脳梗塞の検査と予防について伝えていました。2大原因である動脈硬化と心房細動の予防やチェック方法、心房細動の新薬、そしてその他の脳梗塞のリスクについて伝えていました。 解説をするのは、神経内科医で特に脳卒中の ‥‥

心臓マッサージのやり方とコツ~ガッテンより

急に目の前で人が倒れてしまったら、あなたは適切な対応をすることができますか? 先日の『ガッテン』では、心臓マッサージ(胸骨圧迫)と心筋梗塞の特集をしていました。予測することができない突然死。正しい心臓マッサージのやり方を知っていれば、命を救える可能性があります。 前触れなく倒れて ‥‥

朝起きがけや寝ている時の咳~ぜんそく、心不全~ゲンキの時間より

ひどい咳が続いても、「きっとあと何日かしたら止まるだろう」と放っておいている人は多いです。けれども、咳の陰には、死の危険のある怖い病気が隠れていることもあるそうです。先日の『ゲンキの時間』では、「咳」の特集をしていました。心配しなくてもよい咳と危険な咳の見分け方などについて、呼吸 ‥‥

運動で血圧を下げる~脳梗塞・心筋梗塞予防~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、「運動の心臓や血管への健康効果」でした。予防医学や公衆衛生学が専門の内藤義彦先生(武庫川女子大学教授、内科医)が、運動で心臓や血管が健康になる仕組みや、心臓や血管の健康を維持するための運動量などについて解説をしていました。 1日1時間以上歩くと脳 ‥‥

急激な肩こりが治らない時は病気のサインかも~主治医が見つかる診療所より

多くの人を悩ませる「肩こり」。 なかなか解消することができない厄介な存在ではありますが、重大な症状だと思うことは少ない疾患でもあります。 ところが、しつこい肩こりは、命にかかわる危険な病気のサインかもしれないというのです。 たとえば… 主治医が見つかる診療所より 心筋梗塞やがんな ‥‥

口内フローラ改善~歯周病・虫歯から脳卒中予防まで~あさイチより

先日の『あさイチ』では、「口内フローラが歯周病を防ぐ」と題し、口内環境について特集していました。腸内フローラという言葉は最近よく耳にしますが、口内フローラとは、どのようなものなのでしょうか?よい口内フローラを保つための歯磨きの仕方や生活習慣などのセルフケアなどについても伝えていま ‥‥

狭心症の初期症状・検査法~きょうの健康より

命の危険もおびやかされる心臓の病気の中でも、一刻を争うのが心筋梗塞。その心筋梗塞の原因の一つにあるのが「狭心症」。狭心症は心筋梗塞の一歩手前の状態とも言われています。狭心症のうちに心臓の異変に気がついて処置をするのと、心筋梗塞を発症してしまうのでは、予後の経過にはとても大きな差が ‥‥