のどの老化とのどトレ~むせる・せき込む・誤嚥~あさイチより

「食事の最中によくむせるようになった…」 「風邪でもないのに、急に咳き込む…」 「さらっとした飲み物が飲み込みづらい…」 これらは喉の筋力の衰えによるものかもしれません。 喉は30代から衰え始め、年齢を重ねると大きな病気を引き起こすきっかけにもなります。 通常、食べ物や飲み物は食 ‥‥

糖化~AGEで老化予防~健康カプセルゲンキの時間より

「あの二人は同じ年齢なのに、見た目の若さが全然違う」ということがありますよね。 これは「糖化」という現象が原因である可能性があります。 糖化というのは、いわば“体の焦げ”で、肌の老化などを引き起こします。外見だけでなく血管や骨の老化にもつながるため、心筋梗塞や骨粗しょう症などの病 ‥‥

血栓予防で脳梗塞予防~ガッテン!より

「脳梗塞」は、動脈硬化などが原因でできた血の塊(=血栓)が脳の血管に詰まって、脳細胞にダメージを与えることで起こる現象です。 死のリスクもある脳梗塞は年間約16万人が発症していますが、近年新たな治療法が誕生し、緊急搬送されてから1時間後には手が動かせるようになり、1週間後には1人 ‥‥

不整脈の原因・症状・治療~チョイス@病気になったときより

心臓の動きが乱れる症状を「不整脈」と呼びます。 不整脈が起きると動悸やめまいなどが引き起こされ、日常生活にも影響が出てきます。 今回は、不整脈に関する情報を紹介していた「チョイス」を中心に、不整脈の特徴や治療法などをまとめていきたいと思います。 心臓と不整脈 心臓の大きさは握り拳 ‥‥

第3の悪玉コレステロール「レムナント」の計算方法や減らし方~ガッテン!より

健康診断の検査項目はどれも重要ですが、血液検査でわかる「コレステロール」の数値は特に気になるという方も多いと思います。 コレステロール値の異常は心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高めますが、2万人以上のコレステロール値を調べたある調査では、心筋梗塞を発症した人の49%が健康診断の際に ‥‥

認知症や脳卒中を予防するビタミンM(葉酸)~ガッテン!より

現在、先進国を中心に世界中で、認知症に関する研究が進んでいます。 脳が少しずつ縮んでゆくことで発症する認知症は、たとえば「毎日の十分な睡眠」や「有酸素運動」などが予防に有効であることがわかっていますが、さらに近年、“ある物質”が認知症予防に有効であることも新たにわかってきたそうで ‥‥

骨とビタミンD~骨粗しょう症予防と最新「自家歯牙移植」療法~あさイチより

あなたは「骨」を意識して生活していますか? 骨は全身の様々な機能に影響を与えていることが、近年の研究からわかってきています。骨が丈夫だと肌がきれいになったり、骨から分泌されるホルモンが中性脂肪を減らしたりなど、美容や健康に良い影響がたくさんあるのです。 しかし、日本人の骨は必ずし ‥‥

胃が痛い、重い~逆流性食道炎、狭心症、アニサキス症~健康カプセルゲンキの時間より

ストレスがたまったときや食べ過ぎたときなど、胃に痛みや重さを感じることがあります。 胃はとても症状が出やすい臓器であるため“おしゃべりな臓器”とも呼ばれ、多くの人がその“おしゃべり”に悩まされています。 今回は、胃の不調を特集していた『健康カプセルゲンキの時間』を中心に、胃の不快 ‥‥

虫歯の最新治療と予防法~きょうの健康より

歯を失う原因として歯周病に次ぐ第二位となっているのが「虫歯」です。 虫歯の治療には「歯をドリルで削る」というようなイメージがあって歯科受診を嫌厭する人も多いと思いますが、最近ではコンピューターで詰め物や被せ物を設計したり顕微鏡を使ったりなどをして、簡易かつ確実に治療を行うことがで ‥‥

寝起きが悪い~目覚めを良くする方法~ガッテン!より

多くの人が睡眠に悩みを抱えています。「なかなか寝つけない…」「何度も目が覚めてしまう…」など様々ですが、今回は「目覚めの悪さ」についてです。 一日のはじまりが重い気分でスタートするとつらいですし、遅刻にもつながりかねません。そんな事態を避けるために、多くの人が以下の様なことを睡眠 ‥‥