便秘解消のための便活~健康カプセル!ゲンキの時間より

先日の『健康カプセル!ゲンキの時間』では、便秘解消のための「便活」について特集していました。便活とは、便秘解消活動のこと。腸の環境が健康を大きく左右することは、最近ではよく知られるところですが、便秘はおなかのぽっこりや冷え性、肩こり、さらにはシミなど、体にさまざまな悪影響を及ぼし ‥‥

食物繊維をたくさん摂る工夫~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、食物繊維を上手に摂る工夫について伝えていました。食物繊維には肥満や動脈硬化、心筋梗塞、そして糖尿病などを予防するすごい力があるにも関わらず、私たちは十分な量の食物繊維を摂取できていないのが実情です。どうすれば十分な食物繊維を摂れるのか、多くの人の参考に ‥‥

血管老化のQ&A~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』では、血管の老化にまつわる疑問について特集されていました。動脈硬化は改善するのか、血管年齢とは何かなど、さまざまな疑問について答えていました。 答える専門家は、循環器内科医師で心臓病の診断・治療が専門の、東京医科大学の山科章主任教授です。 動脈硬化は改善する ‥‥

腰痛改善対策~東大病院発表のメソッドで8割が改善~ガッテン!より

つらい腰痛。 マッサージに腰痛改善グッズ……何を試しても一時的な気休めにしかならないと嘆いている人は多いかもしれません。腰痛を、完治させる方法なんてないと思っていませんか? ところが、2016年8月に東京大学付属病院の研究チームが、長引く腰痛を治して、再発させない方法を発表しまし ‥‥

花粉症最新対策と治療法~きょうの健康より

多くの人が悩まされる花粉症。 最も多いのがスギ花粉によるもので、毎年2月あたりから飛散がはじまります。 下図は2017年のスギ花粉飛散予測です。 きょうの健康『花粉症最新対策』より これは去年と比べてどうかという情報で、西日本で多めになると見られているそうです。 今回は、そんな花 ‥‥

肺炎球菌ワクチンの威力~脾臓をサポートして肺炎予防~ガッテン!より

「肺炎」は自分とは縁遠いものだと思っていませんか? 近年、肺炎の患者数が急増しており、年間の死者数は脳卒中を抜いて日本人の死因第三位になっています。 ガッテン!『肺炎にならないぞSP』より ある救急の現場では、一晩に救急搬送される患者の4分の1が肺炎ということもあるそうです。 ‥‥

冬の血圧急上昇対策&10分で血圧を下げる方法~健康カプセルゲンキの時間より

血圧が高めの人にとって、冬は危険なシーズンです。 気温が下がると血圧が上がるので、冬から春にかけての時期は脳卒中や心筋梗塞の発生件数が急増します。 健康カプセル!ゲンキの時間より 自覚症状がないからと油断していると日々血圧の急上昇を繰り返してしまい、知らないうちに血管がボロボ ‥‥

統合失調症の治療と再発予防法~きょうの健康より

精神疾患の1つで、幻覚や妄想などの症状がある「統合失調症」。きちんと治療を継続することが、患者が安定した生活を送るためには重要だそうです。 先日の『きょうの健康』は、統合失調症の治療がテーマでした。予防精神医学が専門の水野雅文先生(東邦大学教授)が、薬物治療やリハビリテーション( ‥‥

統合失調症の初期症状と対策~きょうの健康より

先日のきょうの健康は統合失調症という精神疾患についてでした。統合失調症とはかつては精神分裂病と呼ばれていた病気です。分裂病などと聞くと日常生活はおくれない重い病と思いがちですが、実際には日常生活を普通に送れている人は多く、夏目漱石やムンク、ゴッホなども統合失調症を患っていたという ‥‥

片頭痛が治らない人のために頭痛専門医が進める対策と予防法~あさイチより

頭痛に悩まされているあなたは、もしかすると「片頭痛」という病気かもしれません。 病気であるという自覚がないまま耐えているとやがて悪化し、生活に支障がでることもあります。 推定患者数840万人ともいわれる片頭痛ですが、薬による治療や予防法を適切に実行すれば、ちゃんと改善していくそう ‥‥