口臭の大きな原因のひとつは「銀歯」~ジョブチューン

『ジョブチューン』に出演した照山裕子歯科医師によると、口臭については、大変多くの人が悩みを抱えているのだそうです。

そして、口臭の大きな原因のひとつは「銀歯」だと照山医師は断言していました。口臭の原因は虫歯や歯周病が広く知られていますが、中でも銀歯の周囲で起こるトラブルに気をつけたいとのこと。
日本の保険治療で採用されている標準的な銀歯は劣化がとても早く、実は海外ではあまり使われていないのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

大人のむし歯の多くは歯と銀歯のすき間からできます。それは歯の磨き方が悪いのではなく、銀歯が劣化することによって起こってしまうのです。

歯医者が教える歯のブログより

口臭を防ぐには、銀歯よりも抗菌作用のあるセラミックの詰め物やかぶせものがいいそうです。ただし基本的にセラミックでは保険はきかないので費用はかさむとのこと。

セラミックはパソコン上で形を作り、機械で削りだしますので、誤差がほとんどないため虫歯になりにくいのです。
~中略~
歯のセラミック治療は保険診療として認められていないために自費診療で行うことになります。

歯医者が教える歯のブログより

番組では、銀歯のケアとして、定期的なデンタルフロスの使用や歯医者さんでチェックしてもらうことを勧めていました。

 

スポンサーリンク

 

そしてもうひとつ口臭で気をつけたいのが「ドライマウス」だそうです。ドライマウスは口が渇きやすく、唾液が分泌されにくい症状なのだとか。唾液には口の中のばい菌と戦う抗菌作用があるので、唾液の分泌が少ないと口臭が強くなるというのです。そのドライマウスへの対処法は、唾液を出して口を潤わせること。アゴの下の顎下腺(がっかせん)という大きな管を押すと、唾液が出るそうです。

20151124122858

ジョブチューンより

加えて、常に水を入れたボトルを持ち歩き、口が渇いたらちょっと飲むことや、寝ている間が口が一番乾きやすいので、マスクをして寝ることもドライマウス対策になるそうです。

また、朝食を摂ることも口臭予防になるのだとか!一日のうちで一番口臭がきついのは起床時で、朝食を摂らず空腹の状態ですい液が出ると、それがガスとなって体を巡り、吐く息として出てくるというから驚きです。

20151124122950

ジョブチューンより

というわけで口臭を予防する方法がいろいろと紹介されていましたが、実は口臭予防の食べ物があるそうです。それは梅干やレモンなどすっぱいもの。酸味のキツイ食べ物は唾液を出すので口臭予防にはもってこいなのだそうです。

普段は気が付かないことも多い自分の口臭だからこそ、日々のケアを怠らないようにしたいものです。

 


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。