二日酔いにならない対策と治す対策あれこれ

適量なら気持ちよく時間を過ごせるお酒も、量が過ぎれば他では味わえない苦痛が待っています。
頭痛、吐き気、倦怠感、、、そんな二日酔いにならないため、あるいはなってしまった時の対策をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

肝臓の負担を和らげることが重要

二日酔いになる原因は肝臓に必要以上に負担をかけていることにあります。この負担を軽くしてやれば、二日酔いになる可能性はグンと減ります。

チェイサーと交互に

チェイサーとは水やお茶のことです。要するに、お酒を飲むと次は水を飲むという風にして、体内でのアルコール濃度を下げてやるというやり方です。こうすることで胃腸におけるアルコールの吸収速度も緩やかになり、肝臓の負担もかなり軽減することが可能です。

このチェイサー、日本酒の時は和らぎ水などというようです。
日本酒における和らぎ水は、日本酒と同じくらいの温度にしておくことがポイントで、冷酒を飲む際は普通の水を、熱燗で飲む際は熱燗と同じくらいに温めた白湯を飲むと日本酒の味わいを損なうことなく飲むことができます。
20151012210838

飲む前にチーズなどを食べる

チーズには脂質とタンパク質が含まれていますが、これらはなかなか消化されないため胃の中に留まる時間が長くなり、結果としてアルコールの吸収を緩やかにする働きがあります。

20151012211608

また、チーズ以外でもアルコールの吸収を緩やかにする食材はあります。

肉や魚、大豆などタンパク質

これらのタンパク質は、体内に吸収されることでアミノ酸になり、肝臓での解毒作用やアルコール代謝を促進させる働きがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

食物繊維

食物繊維は消化されにくく、胃に長時間留まるためアルコールの吸収を緩やかにしてくれる作用があります。きんぴら、切干大根、おひたしやスティック野菜など、お酒を飲む前にまず食物繊維を摂るようにすれば、悪酔い防止に効果があると言われています。

トマト

まだそれほどメジャーではありませんが、トマトは二日酔いの予防にも解消にも非常に有効といわれています。アサヒとカゴメの研究により、トマトには血中アルコール濃度を30%も下げる働きや、アルコールの分解を1時間近くも早める効果があることが確認されています。また、トマトを食べる世界の国々では、悪酔い対策にはトマトが良いという言い伝えがあちこちに残っているそうです。

お酒を飲む際、あるいは二日酔いになった際にトマトを食べることで、二日酔いの元凶とされるアセトアルデヒドの働きを抑えてくれたり、トマトの酸味が胃の働きを活発にしたりするからです。

 

スポンサーリンク

 

 

巷の人の対策

20151013105739二日酔い対策について、世間の人はどんな対策をしているのか、ネットユーザーにアンケートで聞いてみました。
なお、アンケートの回答は、医学の知識のない、素人考えによる対策も含まれています。医学的には正しくない回答も含まれている場合がありますので、そのままマネするのはご遠慮ください。

お酒を飲む前の対策

ウコンのドリンクや錠剤を事前に飲むという回答が多いようです。他には空腹時に飲まない、事前に乳製品で胃に膜を作っておくという回答が目立ちました。

お酒を飲む宴会場で本当に直前にウコンを飲む。あまり早く飲みすぎると効果なし。

まず悪酔いしないために必ずお酒を飲む前にドリンクを飲むと気分よく酔え、あくる日も快調である。

ウコン入りのドリンクを飲みます。最初は半信半疑で飲みましたが、本当に次の日に残らなかったので、大量に飲みそうな時は必ず飲むようにしています。

まず絶対に胃に何も入っていない状態でお酒を飲まないことです。また、お酒を飲んでいる最中アルコール以外の水分も積極的に摂るようにしています。

普段からしじみ習慣というサプリを飲んでいます。そのおかげか、二日酔いで悩まされることはめっきりなくなりました。

お酒を飲む前に牛乳やチーズなどの乳製品を食べるとアルコールの吸収を緩やかにしてくれる

お酒を飲む前に豆腐を先にお腹に入れてから飲むと酔いにくくなります。

お酒を飲む前に「ウコンの力」を一本飲んでおく。
また、空腹での飲酒を避けるために、事前に、おにぎり1~2個分食べておく。

市販されているしじみのサプリを飲む。自分には一番効果があった。

先にある程度、お腹を膨らませておきます。食べ物でもいいですが、コーヒーでも日本茶でも好きな飲み物をたくさん飲んでおくと、役立ちます。

花王のヘルシア緑茶をお酒を飲む前に飲むと、カテキンの効果で二日酔いの予防になります。

なるべく違う種類のお酒を飲まない。焼酎とワインなど、俗に言うちゃんぽんの状態にならないようにする。

あらかじめ宴会とわかっているときには昼過ぎ、3時くらいにしじみ習慣を飲んでいます。会社の机に常備しています。

お酒を飲む前にウコンドリンクを飲むのがおすすめです。
ウコンドリンクを飲むと飲んでいる時も次の日もお酒による気持ち悪さがなくなります。

腹ごしらえをすること。特にこってりしたものを食べておいたほうがよい。

甘柿を食べると、悪酔いしないという言い伝えがあります。干し柿では効果はありません。

飲む30分前に牛乳を飲んで胃に膜をつくり、次にサラダを食べてから飲みます

自宅であれば、二日酔いになるほどのお酒を置いておかない。
外出先であれば予め予算を決めて飲む

飲む前や飲んでいる最中に肉やチーズ類などたんぱく質の豊富な食べ物を食べておくことです。アルコールは胃で2割と小腸で上部で8割程度の割合で吸収されます。すきっ腹にアルコールを入れるとすぐに小腸に流れ込むため酔いが一気に回り、結果として分解速度を上回るので二日酔いの原因になります。食べ物を胃に入れておくと消化されるまでは胃の出口が狭まるので、同時に摂取したアルコールも胃に留まることとなり、ゆっくり吸収・分解されることが理由です。

まず「空腹」状態を避けています。乾杯をしたら、「おつまみ」でも必ずお腹に入れるようにしています。

しじみ習慣というサプリメントをテレビで見て買っています。

 まずは、お腹を空にしない事が一番だと思います。
 お腹が満たされているとアルコールを飲む量も減ってきます。
 その為、お酒を飲む前には、何かを食べるか飲むかする事が良いと思います。

酒を飲む前にある程度なにか食べておくことでアルコールを吸収しすぎないようにする。

お酒を飲む前に軽食を摂るといいです。
お酒の酔い方も違いますし、次の日のお酒の残り方も違います。
ついでに胃腸薬を飲んでおくとなおいいですよ。

濃いめのウコンのお茶を飲むと、お酒に酔いづらくなります。おすすめです。

飲む前にサラダや枝豆、冷奴など何かしら食べておくようにしています。
職場の飲み会などお付き合いの場で、食べておくのが無理な場合は、ペットボトルの水を用意しておき、会場に入る前に飲むようにしています。

空腹時にお酒を飲む事を避けて、お酒を飲む前に野菜の油炒めを食べておく事です。飲む前に生野菜を食べる事も有効的で、ドレッシングを掛けた野菜を食べるとさらに二日酔いの防止に効果が出ます。

飲む前にドレッシングのかかったサラダを食べると二日酔いの予防になります 

ウコンなどを飲むようにして飲酒に備えます。お酒の席ではなるべく野菜を一緒に食べるようにしましょう。

空きっ腹でお酒を飲むと二日酔いになりやすいので、飲む前に軽く食べておく。またその時牛乳を一緒に飲むとさらに効果的です。

あらかじめ水分を大量に摂取する。呑んでいる最中も一杯につき一杯の水を飲んでおく。

お酒を飲む前に何か食べるようにしています。オリーブオイルふが良いと聞いたので、かかったサラダなどをまず食べています。

女の人で気を付けたほうがいいのは、生理中にお酒を飲むこと
悪酔いしやすく二日酔いになりやすいので飲まないようにしています

・ウコンの錠剤を、お酒を飲む前に飲む。
・飲む前に少し食べておく。

アルコールの吸収を遅くするためには空腹時に飲まないことです
そして飲む前に脂肪分を少し口にすると良いでしょう
たとえばバターやオリーブオイルが効果的です。

胃に膜を張るためにお酒を飲む30分ほど前に乳製品を飲むようにしています。

脂質のあるものはアルコールの吸収を遅らせてくれるので、牛乳を飲んでからお酒に取り掛かる。

飲み会などがある時は、コンビニで「ウコンの力」を買って、飲み会の前に1本飲んでいます。急に飲む場合は、空腹を避けて飲む前に何かを食べてからお酒を飲む事と、牛乳を飲んで胃壁をガードしてからお酒を飲むと、二日酔いになりません。

お酒を飲む前に水を飲むようにしています。アルコールを摂取すると体内の水分量が減ってしまうので、事前に水を飲んでおくことで脱水症状にならないようにして、二日酔いにもなりにくくなります。

お酒を飲む前にハンバーガーやパン類を食べておくと悪酔いしにくく次の日に残りにくくなります。

とにかく酒だけを飲んでいると酔ってしまうので、適度に食事をし胃の負担を軽くします。

コンビニでウコンドリンクを1本、宴会が始まる1時間前に服用する。

飲む数時間前か飲食街へ行く時に近くのコンビに行ってウコンのドリンクを1本飲んで出かける。これで大丈夫です。お試しください。

ヘパリーゼです。ウコンは、だめです。
これを1本飲めば、次の日の朝問題無しです。

お酒を飲む前に市販のドリンク、ウコンなどを飲むと二日酔いが軽減されます。

お酒を飲む前は空腹にしない。必ず何か食べておく。飲みたい量の少し手前でノンアルコールのものに変更する。

ウコンドリンクを飲みます。翌日は胃に優しいもの(お粥など)を食べるようにしています。

私の場合はヤクルトを1本飲んでから飲み会に挑むと不思議と翌日は二日酔いにはならず、すっきりとしていました。多分、胃の中を乳製品の膜が出来たからだと思いますので、ヤクルト以外の乳製品でも聞くと想います。

やはり、二日酔いになってからでは遅いので正直体調が気になる時生理前などは、敢えて絶対飲まないようにしています。

カテキンが二日酔い防止に良いようで、会場に着く前に緑茶を飲んでいきます。ヘルシアが特におすすめ!

 

スポンサーリンク

 

 

お酒を飲む前後いつでも良い

こちらもウコンドリンクという回答が目立ちましたが、水分補給をマメにするという答えも目立っています。チェイサーのことですね。

友達に聞いた方法ですが、カレーは効果がありました。二日酔いの朝にカレーを食べたら結構気分がよくなりました。飲みながらカレーも注文するようにしています。

二日酔いになってからでも効果はありますが、お酒を飲む前に梅干しを食べておくと二日酔いの予防になります。

とにかく水を飲むことです。
アルコールを分解、排泄するときには水分が大量に必要になります。
また、二日酔いは同時に軽い脱水症状も引き起こし、同時にくるのでものすごくつらいのですが、水を無理やり大量に飲むことで治るのが早いです。

すきっ腹で飲まないようにさきにご飯を食べる。二日酔いになったときはみそ汁を飲む。水分を取る。

まず、お酒を飲む前に錠剤でも、ドリンクでもいいので「ウコン」を摂取します。
ウコンは、お酒を飲み始めてから摂取しても良いそうなので、とにかく忘れない事。随分違います。

二日酔い対策としてお酒を飲む前にウコンを飲んでおくと効果的です。ある程度であればウコンの効果で翌日の二日酔いを防げます。それでも飲み過ぎてしまい、二日酔いの症状が出た場合は、ミネラルウォーターをこまめに飲み続け、体内のアルコール分を薄めることでかなり症状を緩和出来るので試してみて下さい。また、もしもミネラルウォーターを飲み続けることで吐き気を催した場合は、我慢せずに素直に吐いて下さい。荒療治ですが二日酔いの症状が治るのが早くなります。

お酒を飲む量以上にお水を沢山飲んで、体内の水分量を常に減らさない様にしています。

お酒を飲んだら、就寝前にスポーツドリンクを200から300ミリリットルほど飲みます。
お酒を飲んで脱水になる事を防ぐ効果があり、二日酔いの予防になります。
二日酔いになってしまった場合も、やはりスポーツドリンクを飲みます。

アルコールを分解しやすくなるように、水を沢山飲むようにすると、二日酔いになりにくいです。

まず、水分を十分補給するのは基本です。
また、水分補給しすぎて塩分が足りなくて2日良いになる場合があるのでしょっぱいものを食べること。
イカとかタコとか貝類はアルコール分解を助けてくれて酒のつまみにも良いので積極的に食べること。
以上3点に気を付けながらお酒を楽しんでいます。

私が今まで二日酔いでつらくなかった方法は、お酒を飲んだ後にウコンの力スーパーを飲むことです。前に飲むとトイレ時に流れてしまい、結局効果が出ないで次の日つらい思いをしてしまいます。
あともう一つ、それはあんまりお酒を飲まないこと。ほろ酔い程度でやめといてあとはお茶かなんかで薄めるか、最初からお冷と一緒に飲むとかなり二日酔いは軽減されるのではないかと思います。

大根おろしを食べることでスッキリして二日酔いの予防になります。

帰宅後にインスタントのしじみの味噌汁を飲むようにしています。気分的なものかもしれませんが、翌朝の体調がずいぶんと違うと感じています。

飲む前にウコンを飲みます。二日酔いになった時はポカリスエットを飲み少し横になっています。起きれるようになったら、リンパマッサージを受けにいきます。

飲む前にはウコンを飲み、更に二日酔いになりそうだと思ったら、寝る前に胃薬を飲みます。

やっぱりしじみ。味噌汁か吸い物で飲むようにすると、酔いが早く覚めるように思う。

 

スポンサーリンク

 

 

二日酔いの時におすすめの対策

こちらが一番回答は分散しています。梅干し、しじみ、スポーツドリンクなど、いろいろな対策が出てきますが、共通しているのは水分補給をしてはやくアルコールを分解させるということのようです。

あさりの味噌汁は二日酔いにすごく効きます。もちろん手作りのほうがいいですが、インスタントのあさりの味噌汁も効果ありです。

あまり二日酔いにはなりませんが、なったときには出勤前にしじみエキスが詰まったサプリを飲むようにしています。

インスタントの味噌汁(シジミ入り)を飲みます。
よく通販で売っている物がありますが試していませんから
何とも言えませんが、自分は味噌とシジミが回復に良いのではと思います。
あとトマトジュースを飲むと良いと言って飲んでいた人がいました。参考まで

とにかくお腹の中に何かを入れるようにしています。食欲が無くてもスポーツドリンクを一缶飲むと違います。

とにかく、冷水を頻繁に飲み、体内のアルコール分やその他毒素を抜く。

大根おろしを小鉢一杯ほど飲むと、症状がやわらぎます。皮付きのままでおろします。ビタミミンCが多く、これが肝臓の働きを助けます。

体内のアルコールを体外に出すために、水をたくさん飲むのは効果的です。また、気分が悪い時は少し横になって睡眠を取ると起きたときに楽です。

お酒を飲んだ後にいちじくを食べるだけです。いちじくには消化を促してくれる働きがあるので、二日酔いを改善してくれます。

私の場合のどがかわくので、ひたすら水分(ポカリうすめたもの)を飲んで、(頭痛くなるので)ひたすら寝る。

二日酔いで気持ち悪い時は太田胃散を飲むと気持ち悪さがなくなりすっきりします。

しじみやわかめなどの温かい味噌汁を飲むと、割と早く二日酔いが覚めると思います。

水やスポーツドリンクをたくさん飲んで体内のアルコールを排出するようにする。

アルコール分を出すために水分を取り出来ば風呂に入り体内から発散させる。

ビタミンCの連続摂取です。小さじ1程度の粉ビタミンC
を30分おきに飲むと、7回目ぐらいから頭痛が和らぎ、
気分が高揚してきます。あまり続けるとお腹を下すので
10回までにしています。

お腹を締め付けないようにベルトを緩めて、ゆったりとした服を着て、水分を適度に補給しながら安静にします。

レモンや林檎や蜜柑などの酸味の強い果物を食べるとスッキリするのでおすすめです。

まずは水を十分に飲んで、あとは身近にあるもので放尿効果がある飲料、コーヒーを飲む。

しじみ入りの味噌汁を飲むようにしています。しじみがないときは、普通の味噌汁です。気分がスッキリするのでおススメです。

熱めの風呂かシャワーで、しっかり汗をかいた後、500~1000ccのスポーツドリンクを飲みます。
ありきたりかもしれませんが、これが一番手っ取り早い方法だと思います。

梅干しには肝臓の機能を活性化させる効果があるので、二日酔いに効きます。二日酔いでも食べやすいのもいいところです。

すっごく熱くて濃いお茶を飲んでゆっくり行動することがいいと思います。

スポーツドリンクを大量に飲む。もし無ければ水道水と梅干しで代用する。

お酒を飲んだ翌日にウコン茶を飲むと肝臓の機能が活性化していいです。

とにかくお酒を飲んだあとに、冷たい水を沢山飲むといいようです。

頭がガンガン、胸がムカムカするほどの二日酔いになったときの対策です。意外ですが、アイスクリーム(カップに入った乳脂肪分高めのもの)を1個食べてクールダウンするとともに、胃の表面に膜を作ります。それから、よく冷えたオレンジジュースを飲むとすっきり爽やかになります。この方法だと回復が早いので、いつも実行しています。理由は不明です。

(二日酔いになった時の対策とは少し違いますが)シジミのカップみそ汁を自宅に買い置きし、飲み終えて寝る前に飲むようにしています。
水分補給にもなりますし、シジミはアルコールの代謝を促進してくれるので、さほど二日酔いにならずに済みます。
また、二日酔い中は固形の食べ物は食べる気にならないので、その場合にも味噌汁は最適です。

二日酔いになったあとは、体内からアルコールを少しでも出すため、運動して汗をかくことと、アルコール濃度を下げるため水を多く取ることがよいです。

アルコールは9割以上が肝臓で処理されます。そのためサウナや運動で汗をかくといった俗説は逆効果で、安静にして肝臓に血液が回るようにするのが一番効果的です。また、酵素によるアルコール分解にあたって水分と糖分(カロリー)が必要なのでスポーツドリンクと炭水化物を十分に摂取する必要があります。特に日本人は酵素の働きが弱いので、アルコール分解時に非常にエネルギーを使います。飲みの締めにラーメンやうどんなど糖化の早い炭水化物を摂取したくなるのはこのことが理由です。

飲酒による脱水症状を解消するために、ポカリスエットを飲んで効率よく水分の補給を行う。

次の日頭が痛い場合は、スポーツドリンクや二日酔い用のドリンクなどを飲みます。

私は飲み物を飲んで対処をします。特に良く効くのがコーヒーです。その他ではスポーツドリンクも効きます。

翌朝はまず、スポーツドリンクを飲んで胃の中を少し潤すとともに洗浄する。

血中アルコール濃度を下げるために水をたくさん飲むのが効果的です。

二日酔いになってしまったら、吸収のいいポカリスエットを飲みまっくてお酒の毒素を体の外へ出すことが一番です!

朝起きたらとにかく飲めるだけ水でもお茶でもよいので補給します。

二日酔いになった場合はとにかく水分を一杯取って、軽い運動をして汗をかくと良いですよ。

お酒の〆でしじみの味噌汁を飲むと、しじみに含まれるアミノ酸が肝臓に良く、回復効果が高いみたいです。

もし二日酔いになってしまったら生姜湯を飲むことで吐き気を抑えてくれます。

サウナに行って汗を大量にかいてアルコールを飛ばすのがベストですが、行くこともできない時は自宅で半身浴がおすすめです。

イブプロフェン+尿素の頭痛薬をのみ、ひえぴたをおでこにはって、一時間寝る。

アルコール分解酵素を多く含むサプリを摂取するのが良いです。これなら無理なく二日酔い対策が可能になります。

 

※上記のアンケートの回答は、医学の知識のない、素人考えによる対策も含まれていますので、ご注意ください。


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。