第3の悪玉コレステロール「レムナント」の計算方法や減らし方~ガッテン!より

健康診断の検査項目はどれも重要ですが、血液検査でわかる「コレステロール」の数値は特に気になるという方も多いと思います。 コレステロール値の異常は心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高めますが、2万人以上のコレステロール値を調べたある調査では、心筋梗塞を発症した人の49%が健康診断の際に ‥‥

認知症や脳卒中を予防するビタミンM(葉酸)~ガッテン!より

現在、先進国を中心に世界中で、認知症に関する研究が進んでいます。 脳が少しずつ縮んでゆくことで発症する認知症は、たとえば「毎日の十分な睡眠」や「有酸素運動」などが予防に有効であることがわかっていますが、さらに近年、“ある物質”が認知症予防に有効であることも新たにわかってきたそうで ‥‥

骨とビタミンD~骨粗しょう症予防と最新「自家歯牙移植」療法~あさイチより

あなたは「骨」を意識して生活していますか? 骨は全身の様々な機能に影響を与えていることが、近年の研究からわかってきています。骨が丈夫だと肌がきれいになったり、骨から分泌されるホルモンが中性脂肪を減らしたりなど、美容や健康に良い影響がたくさんあるのです。 しかし、日本人の骨は必ずし ‥‥

胃が痛い、重い~逆流性食道炎、狭心症、アニサキス症~健康カプセルゲンキの時間より

ストレスがたまったときや食べ過ぎたときなど、胃に痛みや重さを感じることがあります。 胃はとても症状が出やすい臓器であるため“おしゃべりな臓器”とも呼ばれ、多くの人がその“おしゃべり”に悩まされています。 今回は、胃の不調を特集していた『健康カプセルゲンキの時間』を中心に、胃の不快 ‥‥

虫歯の最新治療と予防法~きょうの健康より

歯を失う原因として歯周病に次ぐ第二位となっているのが「虫歯」です。 虫歯の治療には「歯をドリルで削る」というようなイメージがあって歯科受診を嫌厭する人も多いと思いますが、最近ではコンピューターで詰め物や被せ物を設計したり顕微鏡を使ったりなどをして、簡易かつ確実に治療を行うことがで ‥‥

「味がしない!」味覚障害の原因は亜鉛不足?原因と治療法~チョイス@病気になったときより

食事は生きる楽しみの一つです。それがある日突然、できなくなることがあります。 「味覚障害」は食べ物の味がわからなくなったり、嫌な味がしたりするようになる病気です。2003年のデータでは24万人が味覚障害で病院を受診しており、その数は20数年間で倍にまで膨れ上がっています。 味覚障 ‥‥

物忘れが改善!タオルを使って脳内物質NGFを増やす~たけしの家庭の医学より

社会の高齢化が進むにつれて、物忘れや認知症を心配する人が増えています。 先日の『たけしの家庭の医学』では中高年の方を対象にしたインタビューが行われていたのですが、もの忘れに関して以下のような声がありました。 「お風呂の時間なのにお湯を入れるのを忘れてしまうことがあった」 「眼鏡を ‥‥

40代からの脳梗塞対策~あさイチより

ある日突然襲ってきて、命を奪うこともある「脳梗塞」。 脳の血管が詰まり、その周囲の脳細胞が壊死することで発症する病気です。 寝たきりの原因の第一位でもあるこの病気を予防するには、40代からの過ごし方が重要になるといいます。特に女性は、更年期における体の変化が脳梗塞と大きく関わって ‥‥

痛風の予防と治療~ビール・おじさん・贅沢病の誤解~チョイス@病気になったときより

ある日突然、激痛として現れる「痛風」。 主に足の親指の付け根に腫れと痛みが現れ、それが数日〜数週間も続きます。 現在、日本では約100万人が発症しており、予備群まで含めると約1000万人もいると言われているそうです。 しかし、痛風に関しては誤解を持っている人も多いようです。 たと ‥‥

胃がん対策~早期発見とピロリ菌治療~チョイス@病気になったときより

日本人が罹るがんの第2位であり、年間13万人以上が罹るという「胃がん」。 胃がんは早期で見つけることができれば約95%のケースで治療が可能なのですが、早期にはほぼ症状が出ないという特徴があります。 今回は、胃がんを早期発見する方法や胃がんのリスクを下げる方法を紹介していた『チョイ ‥‥