認知症を予防するワクチン薬開発

厚労省が2012年に発表したデータによると、日本の認知症患者は462万人、2025年には65歳以上の実に5人に1人が認知症になるという予測が出されています。また、世界に目を向けると、毎年新たに990万人もの人が認知症になっていると国際アルツハイマー病協会が発表しています。 日本と ‥‥

認知症が奇跡的に回復した方法~たけしのみんなの家庭の医学より

先日の『たけしのみんなの家庭の医学』では、ある女性が治療方法の確立されていない重度の認知症から奇跡的に回復した方法を紹介していました。また、レビー小体型認知症の仕組みや認知症の予防に社交ダンス、ボードゲーム、楽器の演奏が効果的な理由なども説明していました。 認知症の患者数と種類 ‥‥

認知症と睡眠~深部体温低下法でもの忘れ予防~たけしのみんなの家庭の医学より

年齢を重ねると、どうしても頻発してしまう「もの忘れ」。 「顔は出てくるんだけど名前が出てこない…」「あれ、何を取りに来たんだっけ…」ということが最近増えた、という方も多いかもしれません。 脳が老化し、記憶力が低下してゆく状態をそのままにしておくと、認知症の発症リスクを高めてしまい ‥‥

レビー小体型認知症~幻視・幻覚~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは、レビー小体型認知症でした。日本国内の約500万人の認知症患者の10%、推定50万人の患者がいるレビー小体型認知症の仕組み、症状、治療法などについて、認知症の診断と治療が専門の神経内科医の長濱康弘先生(かわさき記念病院副院長)が解説していました。 ‥‥

段取りが悪い、物忘れ、動き緩慢、情緒不安定は血管性認知症かも~きょうの健康より

認知症と聞くとアルツハイマー病を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は認知症にはいくつかの種類があるそうです。先日の「きょうの健康」では、アルツハイマー病の次に患者数の多い血管性認知症について認知症の診断と治療が専門の岡山大学大学院教授の阿部康二先生(神経内科医)が分かりやすく説 ‥‥

認知症が予防できる歩き方とMCI〜NHKスペシャル認知症革明より

超高齢化社会の中で、いよいよ存在感を増している「認知症」。 患者数は世界中で増加傾向にあり、2050年には1000万人を超えると推計されています。 NHKスペシャルより このような中で研究も徐々に進んできており、 認知症の“前兆”を察知 発症を抑える薬を開発 といった成果が出てき ‥‥

認知症の前兆と予防法〜『団塊スタイル』より

超高齢社会が進行する現在、認知症の高齢者数は462万人を超えています。 認知症といえば「もの忘れ」をイメージされることが多いですが、「幻視」の症状が現れる認知症もあったりするなど、多様なパターンがあります。 認知症の初期に現れる“サイン”をただの老化現象と見間違わないためにも、知 ‥‥

藤田紀子が勇気の認知症検診~サタデープラスより

先日、『サタデープラス』で「藤田紀子が勇気の認知症検診」と題した企画が放送されました。今回は藤田紀子さん(68歳)の初めての認知症健診の結果と彼女の生活習慣から、認知症予防に効果のある良い習慣、悪い習慣を紹介しています。   スポンサーリンク   女性の方が認知症になりやすい? ‥‥

アルツハイマー病の初期症状や予防法、改善事例など~駆け込みドクター!より

先日の『駆け込みドクター!』では、日本のアルツハイマー病最新事情と予防法について特集されていました。知っているようで知らないアルツハイマー病の知識や、発症する前にリスクを判定して予防につなげる検査、そして効果的な予防法などについて伝える内容でした。 まず、アルツハイマー予防に関す ‥‥

誤診かも?認知症の見きわめ方〜『あさイチ』より

物忘れ、気分の落ち込み、徘徊。 こういった症状のある患者が認知症ではないのに認知症と誤認診断される事例が増えてきています。“認知症でない認知症患者”を見たことがあるという認知症専門医は約8割にものぼり、誤診された患者は去年1年間で最低でも3500人はいるといわれています。 逆に、 ‥‥