ピロリ菌と胃がん~検査と除菌について~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』のテーマは「ピロリ菌の検査と除菌」についてでした。胃や食道の病気の診断と治療が専門の消化器内科医の三輪洋人先生(兵庫医科大学教授)が、ピロリ菌と胃がんの関係、ピロリ菌の検査と感染していた場合の除菌方法について説明していました。 胃がん患者の95%がピロリ菌感 ‥‥

大腸がん予防の食事~愛媛の事例~健康カプセル!ゲンキの時間より

いま、「がん」の中でもっとも患者数が多い大腸がん。 患者数はここ30年で右肩上がりに増加しています。 健康カプセル!ゲンキの時間より 現代人にはやっかいな存在である大腸がんですが、大腸がん死亡率が日本一低い愛媛県(男性1位、女性2位)の事例を見てみると、大腸がんのリスクを下げるヒ ‥‥

大腸ポリープと大腸がん~チョイス@病気になったときより

40歳以上の日本人の4人に1人が持っていると言われる大腸ポリープ。 ポリープとは、粘膜の一部がイボ状に盛り上がったもののことで、胃や十二指腸、胆嚢、鼻や喉など粘膜のあるところに発生するのですが、大腸ポリープの場合は痛くもかゆくもないため、気づきにくいという特徴があります。 しかも ‥‥

がん予防効果があるスルフォラファン他、食事と習慣~ジョブチューンより

先日の「ジョブチューン」では、がんの予防効果がある食品と習慣を紹介していました。番組には、がん予防や治療方法についての著書が多数ある腫瘍内科医の星野泰三先生(プルミエールクリニック院長)が出演して、ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)などのがん予防効果がある食品とがんを予 ‥‥

血尿一回だけは要注意!膀胱がんの症状と治療~きょうの健康より

先日の『きょうの健康』は、膀胱(ぼうこう)がんがテーマでした。泌尿器科の中では前立腺がんに次いで多いがんだそうです。その膀胱がんについて、典型的な症状やかかりやすい人、治療法などについて解説されていました。素人目には治ったように見えても治っていないことがある、自己診断は危険な病気 ‥‥

抗がん剤と食事~食べられない時の対処法~きょうの健康より

先日の「きょうの健康」では、抗がん剤治療中の食事の悩みと抗がん剤の副作用で食事に関係する症状とその対処法についての説明がありました。解説は、長年ガン患者の悩みを解消するための研究をしている山口建先生(静岡県立静岡がんセンター総長)でした。 山口先生は、この番組のテーマでもあった抗 ‥‥

副作用が軽い革命的抗がん剤ナノマシンカプセル~羽鳥慎一モーニングショーより

先日の『羽鳥慎一モーニングショー』では、「副作用のない抗がん剤治療」について特集していました。抗がん剤を「ナノマシン」と呼ばれるカプセルに包むことで、健康な細胞を痛めることなくがん細胞にだけ働きかけるので、副作用が劇的に軽減するとのことです。 その仕組みや実用化までどれぐらいかと ‥‥

前立腺がんの早期発見と対処・治療~チョイスより

先日、「チョイス」で「前立腺がん」をテーマとした特集がありました。症状が出にくい前立腺がんですが、専門の検査を受診し、早期発見すれば、いろいろな選択肢があるそうです。気になる内容をまとめておきます。   スポンサーリンク   前立腺がん 前立腺がんは、以前は欧米では多く、日本では ‥‥

がん予防を秋津壽男医師が解説<検診・遺伝・生活習慣>~バイキングより

  スポンサーリンク   日本人の死因のおよそ3割を占める「がん」。 その言葉の響きには、とても重いものがあります。 しかし、国立がんセンターの統計によると男性のがんの半分以上、女性のがんの3分の1以上が、実は予防可能だったというのです。 生活習慣の改善まで含めれば、がんの発症の ‥‥

がん検診の最前線!ステージ0の超早期発見も可能に~スッキリ!

先日の『スッキリ!』では、週間からだニュースのコーナーで「がん最新検診研究」をテーマに特集をやっていました。 がんは「早期発見」、「早期治療」が大変重要な病気ですが、日本のがん検診技術は世界でも注目されるほど先端を行っているのだとか。血液1滴で3分後にがんがわかったり、唾液でがん ‥‥